レスポートサック☆ショルダーバッグの生産地

レスポートサックショルダーバッグはいったいどこで作られているのでしょうか。

実は、レスポートサックのショルダーその他バッグやアクセサリーなどの全製品は主に中国などアジア諸国で生産されているのです。

ニューヨークで誕生したレスポートサックですから、もちろんアメリカの工場で生産されてきました。

ただ、やはり時代の流れの中でショルダーバッグなど様々な製品をアメリカの工場だけでまかなうことはできなくなりました。

現在では、レスポートサックはアメリカから生産拠点をどんどん移しており、中国やタイ、インドネシア、コスタリカなどアジアや中米といった国での生産が主となっています。

ショルダーバッグなどを通販で探していると、並行輸入しているネットショップに行き着きますが、しばしば「レスポートサックの商品について」という説明文を見かけます。

説明文の内容はどのショップもほとんど同じで、

■当ショップの商品は偽物ではない

■アメリカから拠点がアジアなどに移ったので難のある商品もある

■多少の汚れや傷、シワ、縫製不良が見られる場合あり

■タグのないものもあるが特に問題はない

■生産国を指定して買うことはできない

■検品基準はレスポートサック直営店と同じ(だから大丈夫)

という感じです。

並行輸入の通販ではレスポートサックのショルダーなども定価より相当に安く販売されているので、もともと検品からはずれたものを並行輸入していたりするのでしょうか。

正規直営店で不具合のあるものを販売するとは思えませんよね。

レスポートサック☆トキドキとは

レスポートサックの「トキドキ」シリーズってすごい人気ですね。
日本はもとより、ハワイ、全米で売り切れ続出です。
ネットで購入しようと、あらゆる通販ショップめぐりをしても、まず欲しいものがすんなりと手に入ることは稀です。

レスポートサックの「トキドキ」シリーズは、イタリア人デザイナーシモーヌ・レグノ氏とのコラボレーションで誕生しました。

レスポートサック「トキドキ」シリーズは、2005年春の発売以来全米はもちろん、ヨーロッパや日本でも記録的な大ヒットを連発しています。
入手困難は当たり前ですね。

レスポートサックの「トキドキ」というブランド名は、日本語の「時々」から付けられたものだそうです。

「誰でも、いつか(時々)叶えたい夢がある」
というキャッチフレーズからきているそうです。


レスポートサック「トキドキ」のキャラクターは、日本のアニメからとったものもあるそうで、現在で約100種類くらいあり、その後も、新しいキャラクターが生みだされています。

彼が生み出すキャラクターはとってもキュート!
アニメーションに見入ってしまう、不思議な魅力があります。

レスポートサックの「トキドキ」シリーズは、キュートなプリントだけでなく、皮使いになっている部分や、レインボーカラーのジッパー、付属のフィギュアやロゴ入りキーホルダーなどにもこだわりを持ち、購入した人の満足度をかなりあげてくれる、ワンランク上の商品です。

レスポートサック☆モリーのご紹介

レスポートサックの数あるバッグの中でも、
1〜2番の人気の商品は「モリー」です。

レスポートサックモリーは大きさも程よく、サイズは22×35×19cmと、デイリーユースにはピッタリ!

レスポートサックモリーは、全体が3分割されていて中央にファスナー開閉、両脇に大きなポケットがあります。

中央のファスナーは大きく開くので、出し入れが楽々!
モリーは、たくさん収納でき、型崩れもしない優れものです。
底の部分にマチが入っていて、台形なのでバッグがちゃんと立ちます。
お弁当や、横に倒して入れたくないものも収納できるので、とても機能的。
機能的で、可愛くて、というのがモリーが愛されている理由の一つです。

レスポートサックのモリーは、デザインも豊富で、可愛いものからポップなもの、柄物はちょっと・・・という方には無地もあります。

レスポートサックモリー<は人気の型なので欲しいプリント柄がすぐに品切れになってしまうこともあるので要注意ですね。

同じ柄のポーチやキーケース、ペンケースなどと、トータルで使っていただくとかなり可愛いですね!

レスポートサック☆バッグを作った創業者

レスポートサックは1974年に、創設者のメル・シフター夫妻によりニューヨークで誕生したブランドです。

レスポートサックのバッグの特徴は、使われている素材は、オリジナルの「リップストップナイロン」と呼ばれる特殊なナイロン素材を使用していること。
丈夫なパラシュートと同じ素材です。
リップ(破れ)をストップ(止める)ということですね!

レスポートサックのバッグは、軽くて、丈夫で、汚れたら丸ごとジャブジャブ洗える。

ナイロン素材をバックに使用することは、レスポートサックの創業者夫妻がマリンスポーツに使用されるナイロン素材の丈夫さに目をつけたことからでした。

スポートサックの第1号は、ニューヨークの小さな工場で製作された、
シンプルなデザインのダッフルバックでした。

レスポートサックのバッグが世に広まるまでの歴史。

1974年後半:NYのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープン。
1976年:レスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。
2001年:クロマシャイン
2002年〜:スペクテイター、モノグラムラインなど

年間80種類もの新作を発表するレスポートサックのバッグ。
モードを敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を見せ続けてくれます。
レスポートサック<は、常に進化していくけれども、創立以来のこだわりを忘れないブランドなのですね。

ポーチなどの小物から旅行用のボストンバッグまで
様々なアイテムが揃い、価格もリーズナブルになっています。

1987年から日本でも発売されるようになったレスポートサックのバッグ。
丈夫で、軽くて、お洒落で・・・

これからもレスポートサックのバッグは愛され続けること、間違いなしですね。

レスポートサック☆ボストンの選び方

レスポートサックボストンの良いところといえば、やっぱり持ちやすさと軽さとお手頃価格ですよね。

カラーやプリント柄もいろいろ選べるので、使い方によってボストンのカラーやタイプ(大きさ)を決めると良いでしょう。

例えば家族や夫婦で共有するなら、無地でシックなカラーがオススメです。チャコールグレーやオニキス、ブラックタンスペクティターあたりが人気です。
LARGE WEEKENDERがちょうど良い大きさかも。

レスポートサックでは、これより大きいサイズのBIG WEEKENDERもありますが、どちらかというとLARGE WEEKENDERの方が使いやすいですね。

旅行だけではなく、タウンユースにもという方にはレスポートサックのMEDIUM WEEKENDERがピッタリのボストンです。大きさの割りに意外と中身が入るので、いざという時にありがたいですよ。
同じ柄のポーチもついていて、ボストンを使わない時はこのポーチにたたんで入れちゃえます。超便利です!

レスポートサックのボストンは、とにかく薄くて軽くて丈夫にできていますから、少し長めの旅行の時はスーツケースにいくつかたたんで入れておき、荷物が増えてきたらボストンとして使うといいですね。

レスポートサックのボストンは機内持ち込みにもちょうど良いサイズなので、いくつかのタイプを持っておくと便利です。

レスポートサック☆ボストンバッグの良いところ

レスポートサックボストンバッグは、ポップでキュート!
どこにでもお供させたくなりますよね。
大きさもたっぷり収納できるのがうれしいです。

レスポートサックのボストンバッグは、持ち手もショルダーも付いているのでとても便利です。
ショルダーは長さ調節可能です。
たっぷりとした底面なので、型崩れもしないし、たっぷりと荷物を収納することができます。

レスポートサックのボストンバッグは、サイドポケット、ファスナーポケットが両サイドに2個ついています。

外ポケットはファスナーポケットが前後に2個ついてて、すぐに取り出したいものはココに収納するといいかも。
とにかくたっぷりと収納できるのと、鍵がついているので安心です。

レスポートサックのボストンバッグは、肩に掛けても軽いので、あまり負担がかかりません。

何も入れないうちから、かなりの重量になることが多い旅行バッグは、とにかく軽さと丈夫さが一番大事だと思います。

レスポートサックのボストンは大きさが選べるのがいいですね。
ウィークエンダーという名前がついたボストンバッグのシリーズ。
ウィークエンダーってまさに楽しい週末を全部詰め込めそうな、おしゃれなネーミングですよね。
ラージ、ミディアムサイズのボストンが人気のようです。
2個持ちや同じデザインのショルダーやポーチと一緒に持っても、
とても可愛いですね!

レスポートサック☆ショルダーバッグの良いところ

レスポートサックショルダーは斜め掛けができるものがたくさん!

ショルダーって、やっぱり斜め掛けができた方が便利ですよネ。
大好きなレスポートサッククロエも斜め掛けができるので重宝しています。
クロエの他にも斜め掛けができるショルダーは数ありますが、レスポートサックスモールショルダーはかなり優れものです!
ミニバケットトートとほぼ同じ容量をカバーしてくれます。
ショルダーのサイズに合わせてストラップの幅も細めなのが嬉しいですね。

コンパクトなタイプの斜め掛ショルダーけだから、服装も選ばないし、暑苦しい感じもなく颯爽と街を歩けることでしょう。
身体に合わないショルダーバッグは、なんとなくバッグばかりが目立ってしまい、折角のお洒落を台無しにすることもあるので、気をつけたいですね。

レスポートサックのスモールショルダーは、ベーシックなデザインで両面には小物の収納に便利なファスナーポケットがついていて、便利です。
斜め掛けショルダーの中では一番シンプルで使いやすいかも・・・

レスポートサックハワイ限定品の中の、ウクレレ スモールショルダーなんて、とっても可愛いです!

他にも、フラ柄、ポップコーンブラック柄、レスポートサック DFS限定 シュガーブロッサム スモールショルダーなんていうのもレアな商品かもしれません。

  

レスポートサック クロマシャイン3ジップコスメティックポーチ

レスポートサックの中でも入手困難な人気シリーズ、クロマシャインのダブルプラチナカラーの3ジップコスメティックポーチをゲット!

化粧ポーチって、いつも思うのですが、大きなものは別として、コンパクトなものになると、ポーチの中でリップが迷子になったり、小さなものを探すのに苦労すること、誰にでも経験があると思います。

このレスポートサックのクロマシャイン3ジップコスメティックポーチなら、そんな悩みは解消!

商品のネーミングの通り、3つのジッパーがついていて、そのサイズも大・中・小となっているので、小物別に分けて収納することができます。
リップが迷子になることは解消されますよね。

レスポートサッククロマシャインシリーズのヘブンという色は、可愛らしいパステルピンクで、服装も選ばないし、年齢も選ばないので幅広い人から人気を集めています。

人気の商品だけあって、なかなか入手するのは困難になっていますが、
根気強く探すこと、見つけたらすぐにゲットすることで、
必ず手にすることができるはず!

レスポートサッククロマシャインのヘブン3ジップコスメならお化粧直しも楽しくなりそうです!

レスポートサック☆スモールトラベルトート

レスポートサックトートは、通勤通学から1泊2日程度の小旅行まであれこれ使える便利さがいいですね。

特にスモールトラベルトートは、軽くて持ちやすい上に思ったよりも荷物が入ります。

レスポートサックのスモールトラベルトートには、同じ柄のポーチもついているのでこれまた嬉しい!

トートバッグはどちらかというと日常での使用が多いと思うので、大事に持つというよりも、ハードな使用に耐えられるというところがポイントになります。

そういった意味では、レスポートサックのトートバッグがピッタリでしょう。

丈夫なナイロン素材でできているので、薄くて軽いのに強い。
少々汚れても水拭きしたり洗ったりできるので安心です。

スモールトラベルトートには前と後ろがあるんですよ。

前面にはファスナー付のポケットが3つもついていて、すぐに使うコスメやミラー、携帯電話なんかを入れちゃいましょう。

背面には何もないので引っかからずに持ちやすくなっています。

トートの中にもファスナー付ポケットがあるので便利です。

その上、レスポートサックのスモールトラベルトートには、ファスナーに鍵もついているので、満員電車の中でも中身は安心です。

レスポートサック☆いろいろなトートバッグ

レスポートサックトートバッグにはいろいろなタイプがあります。

例えば「ジップトップショッパー」というトートは、W48×H38×D11(cm)というサイズで、名前の通りジッパーがついている人気商品。

いろいろなものをこのトートバッグに放り込んでジッパー閉めてさあ出かけましょう!という風に使えます。

レスポートサックのジップトップショッパーは、デザイン的には外側にポケットやラインがなくシンプルだから、お気に入りの柄が目立ちますよ。

ストラップも64pと結構長めで肩が疲れません。

内側にはファスナー付ポケットがあるので、大事なものはここに入れれば無くなりませんね。

おそろい柄のポーチもついているので嬉しいです。

レスポートサックの「トラベルトート」にはトラベルトートとスモールトラベルトートがありますが、トラベルトートは本当に旅行用の大きさですし、スモールトラベルトートはタウンユースに近いトートバッグでしょう。

トラベルバッグはバッグ本体が重かったりして困りますが、レスポートサックのトラベルトートは軽くて丈夫なので楽チンですね。

その他にも<レスポートサックにはいろいろなトートバッグがあるので、目的に合わせて選んでみてください。

レスポートサック☆その他のトートバッグ

今まで紹介したトートバッグの他にも、レスポートサックにはいろいろなトートバッグがあります。

バケットトートはその名の通り、バケツに近い型で深めのトートです。

中はファスナー付のポケットが中央にあって、そのポケットが仕切りとなって2室に分かれています。
勉強道具とその他の物を分けて入れたら混ざらなくていいですよね。

トライベッカトートはサイズがW25×H23×D15(cm)という小さめのトートです。

それほど荷物のない時の通勤通学やお出かけに便利なサイズです。
小さいけれど機能は充実していて、天ファスナーがついていますから、中身が落ちたり取られたりする心配なし。
外側にも内側にもファスナー付のポケットがあるので、整理収納もバッチリです。

これより大きいサイズのミディアムトライベッカトートもレスポートサックファンには人気がありますね。

その他には、形がオシャレなオーバーナイターは、収納スペースがタップリあるので忙しいOLさんや女子大生に大人気。

リバーシブルトートは、両面使える便利なトートバッグ。

その日の気分に合わせてポップなトートにしたり、シックな<トートにしたり。水洗いもできるレスポートサックだから内側の汚れもすぐに落ちるのでリバーシブルでも安心ですよ。

レスポートサック☆人気のトート BABY BAG

レスポートサックトートバッグの中でも特に若いママさんたちに人気なのがベビーバッグです。

ベビーバッグといっても赤ちゃんのバッグではなく、マザーバッグと言われるママさん用トートですね。

レスポートサックのベビーバッグはママさんのことを考えてくれている便利なトートバッグです。

汚れに強いレスポートサックのナイロン素材は、やんちゃな赤ちゃんを持つママさんにとっても強い味方。

両開きの天ファスナーなので使いやすいですし、なんと折りたたみビニールマットが付いているんですよ。バッグとおそろいのビニールマットなんてキュートですよね。

このトートにはもちろん定番のおそろい柄ポーチも付いていますし、サイドにはゴム付のオープンポケットが2つ、前面にはマジックテープポケットが1つ、そして背面にはオープンポケットにファスナーポケットも付いていて嬉しくなっちゃいます。

ストラップも70p〜125pの幅で調節ができるので便利です。

赤ちゃんを持つママさん達は子育てで大変だと思いますが、レスポートサックのトートバッグなら少しは楽しく子育てできるかも。

レスポートサックのトートの中で特に人気が高い理由がわかりますね。

レスポートサック☆通販の注意点

レスポートサック通販に限らず、通販で気をつけることはいくつかあります。

■その商品は本物か、それともコピー商品か

■そのショップは信頼できる通販ショップか

レスポートサックの商品は通販でもたくさん販売されていますが、同じ商品でもレスポートサックの直営店や公式サイトの通販の価格と、楽天その他の通販ショップの価格には差があります。

中には半額のバッグがあったり、30%OFFや40%OFFになっている通販ショップもたくさんありますね。

レスポートサックの公式通販以外は、どの通販ショップも海外買い付けの並行輸入のようです。

レスポートサックを通販で買った人たちのレビュー(感想)をいろいろと読んでみると、本物か偽物か良くわからない商品が届いていたり、通販ショップの対応が遅かったり、縫製やカッティングなどに不具合があったり、商品の交換に応じてもらえなかったりというマイナス情報がたくさんあります。

並行輸入の通販ショップを利用する際には、ただ単に安いだけでなく、レビューを見て良い評価の多い通販ショップを狙いましょう。

多くの並行輸入通販ショップには、但し書きとして「レスポートサックの商品は生産拠点が中国などアメリカ以外の国に移ってきているので、縫製などに若干の不具合がある場合があります。検品基準は直営店と同様ですのでご理解の上、ご購入ください」というようなことが書いてあります。

直営店の商品と並行輸入の商品に違いはあるのでしょうか。

レスポートサック☆トートバッグとは?

レスポートサックには大小いろいろなタイプのトートバッグがありますが、そもそもトートバッグとは一体どんなバッグなのでしょう。

「トート」という言葉を英語で書くと「tote」ですが、これには「運ぶ」とか「携帯する」といった意味があります。

ハンドバッグほど小さくなく、ボストンバッグやトラベルバッグほど大きくなくて、肩にかけながら持ち運びしやすいというのがトートバッグなのです。

元々はアメリカのアウトドアメーカーが、キャンプで氷などを運ぶために作ったのがトートバッグの最初だと言われています。

そのため、キャンパス地を使って丈夫に作ったのが一番初めのトートバッグということです。

レスポートサックの公式サイトにはトートバッグのコーナーがありますが、それ以外のコーナーにも商品名にトートと書いてあるバッグがあります。

一体どういうバッグならトートバッグと呼べるのかと思いますが、明確な定義はないようです。

ある程度収納がある大きさで、出し入れしやすいように広い口の手提げバッグであればトートバッグと呼べますね。

レスポートサックのトートバッグは、キャンパス地ではなくナイロン素材ですが、パラシュートなどに使う特殊ナイロンですからとても丈夫ですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。